ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる旅の乗車記録

天竜浜名湖鉄道で行くマリメッコだらけの列車旅

天竜浜名湖鉄道を走る「スローライフトレイン」(レトロ ドロフィーズ)

 静岡県掛川駅から新所原駅まで、浜名湖の北側を経由して走る天竜浜名湖鉄道では、カラフルな内装のおもしろい列車が運行しております。

 それがこちらのTH3501形で、「スローライフトレイン」(レトロ ドロフィーズ)との名称が付けられています。

   f:id:yukisigekuni:20180717211353j:plain

  

 外装はレトロな見た目をしておりますが、それ以上に目を引くのがカーテンです。フィンランドが発祥のマリメッコの生地を使っており、何ともかわいらしい列車となっています。

   f:id:yukisigekuni:20180717211350j:plain

 

列車の中はマリメッコ一色のすてきな空間

 この「スローライフトレイン」に乗車すると、色とりどりのマリメッコのカーテンに囲まれた空間が広がっています。ヘッドレストマリメッコで統一されています。

   f:id:yukisigekuni:20180717211337j:plain

 

 レトロなディーゼル列車に揺れるマリメッコのカーテンは、ほかの列車とはひと味ちがった雰囲気を演出しています。

 こういう北欧的なテイストは、都会の真ん中を走る列車よりもローカルな路線のほうが似合うのではないでしょうか。

   f:id:yukisigekuni:20180717224401j:plain

 この列車はかなり女子受けが良いようで、乗客の女性率は高いように感じました。いま流行りのインスタ映えというのも狙えるかもしれませんね。

 

 「スローライフトレイン」の運転日と時間は、1週間前には天竜浜名湖鉄道のホームページにアップされていますので、乗車の際には事前にチェックしておきましょう。

 

マリメッコの列車だけではなく、マリメッコの駅もある!

 天竜浜名湖鉄道では、マリメッコ一色の列車を走っているだけでなく、マリメッコ一色の駅もあります。

 それがこちらの都田駅です。駅の入り口にはマリメッコの生地の暖簾がかかっております。

  f:id:yukisigekuni:20180717211451j:plain

 

 駅舎の中は、温かみのある照明と、壁面はマリメッコ柄のパッチワークで飾られています。

 無人の木造の駅舎ではありますが、どこを撮っても画になるアーティスティックな駅です。

  f:id:yukisigekuni:20180717211448j:plain

 

 駅にはおしゃれなカフェも併設されており、こちらもマリメッコの内装に凝っているようです。駅のホーム側にはカラフルなストライプの天井に独特な柄をしたテーブルが置かれています。

  f:id:yukisigekuni:20180717211445j:plain

 

 この駅で下車する人も多く、皆さんカメラや携帯を片手に、思い思いに写真を撮っていました。

 先ほどの「スローライフトレイン」でこの駅にやってくれば、まさにマリメッコづくしの旅を楽しむことができます。

  f:id:yukisigekuni:20180717211438j:plain

 

ローカル線らしい車窓の雰囲気も見どころ

 天竜浜名湖鉄道は、東海道新幹線も停車する掛川駅から乗り換えることができますが、沿線ではどこか昔ながらの景色も楽しめます。国の登録有形文化財に登録された伝統的な駅舎も複数あります。

  f:id:yukisigekuni:20180717212246j:plain

  f:id:yukisigekuni:20180717212243j:plain

 「スローライフトレイン」というその名のとおり、都会からは離れた穏やかな時間を、車窓の景色に感じられるのではないかと思います。これもまた列車旅の魅力ではないでしょうか。

終着駅を旅するーJR東日本編(その2)ー

 首都圏の近くにもあるJR東日本の終着駅

  そこから先には線路がつながっておらず、乗り換えもできない終着駅。どこか寂しげな印象がありますが、意外と首都圏から近い場所にもいくつかあります。今回は東京、千葉、神奈川のJR東日本の終着駅についてまとめてみました。 

奥多摩駅青梅線

 

   f:id:yukisigekuni:20180711224856j:plain

 中央線の立川駅から分かれる青梅線の終着駅は奥多摩駅です。週末にはトレッキングなどに来る方も多いです。駅前からバスで行ける奥多摩湖は有名な観光スポットです。

   f:id:yukisigekuni:20180707214204j:plain

武蔵五日市駅五日市線

   f:id:yukisigekuni:20180711224859j:plain

  こちらは、青梅線拝島駅から分かれる五日市線の終着駅・武蔵五日市駅です。駅のホームから見えるステンドグラスがきれいです。駅からバスで行ける秋川渓谷は自然豊かなスポットで、秋には紅葉も楽しめます。

扇町駅・大川駅・海芝浦駅(鶴見線

 京浜東北線鶴見駅から分かれる鶴見線は京浜工業地帯を走っており、都心に近いにもかかわらず、ひと昔前のような独特な感じが漂っています。

 鶴見線は3本に枝分かれてしており、終着駅は扇町駅、大川駅、海芝浦駅です。

f:id:yukisigekuni:20180707212756j:plain
f:id:yukisigekuni:20180707212813j:plain

 海芝浦駅はホームが海に面しており、潮風が気持ちいいです。東芝の敷地であるため関係者以外は駅から出ることはできませんが、隣接する海芝公園が一般にも開放されています。

  f:id:yukisigekuni:20180707213132j:plain

 また、鶴見線は知る人ぞ知る猫の生息地でもあります。ぶらっと気ままに駅を探訪してみると、ばったり猫に遭遇する確率が高いと思います。

  f:id:yukisigekuni:20180707212741j:plain 

上総亀山駅久留里線

  f:id:yukisigekuni:20180707213846j:plain

 千葉県の内房線木更津駅から分かれる久留里線の終着駅は、上総亀山駅です。久留里線では今でもなおディーゼル車が使用されています。

 無人駅の駅舎が静かにたたずんでおり、終着駅らしいひっそりした雰囲気です。

  f:id:yukisigekuni:20180707220228j:plain

他社路線編に続く(?)

 ここまでJR東日本の終着駅を紹介してまいりました*1。線路の行き止まりまで旅をするのはある種の達成感があり、実際にたどり着いて初めて感じる終着駅ならではの雰囲気もあると思います。追々、他社路線の終着駅についても記事をまとめることができればと思います。

*1:終着駅の定義は様々あると思いますが、今回はある路線の末端の駅であり、かつ、他の路線に接続や乗り換えできない駅と解しています。