ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる旅の乗車記録

快速「はまゆり」で釜石線の旅へ!

 快速「はまゆり」とは?

   f:id:yukisigekuni:20180519184036j:plain      

 快速はまゆりは、盛岡駅~釜石駅の間を、1日に上下とも3本ずつ運行している快速列車です。盛岡駅花巻駅東北本線を、花巻駅~釜石駅は釜石線を走ります。

 列車は基本的に3両編成で、1号車と2号車が自由席で、3号車が指定席となっています(多客期間は、4両目が指定席として増結されることがあるようです。)。

 特急列車ではなく快速列車ですので、乗車券のみで乗車できます。18きっぷでも乗車することが可能です。ただし、指定席については、別途指定席券(520円)が必要となります。

 

リクライニングシートで快適な旅にしましょう。運が良ければ自由席もリクライニング?

 快速はまゆりは、ぱっと見た感じは、東北でよく見かける一般的な気動車ですが、指定席の車両はリクライニングシートとなっているので快適です。確実にリクライニングに座って旅をしたい場合には指定券を購入するのが無難です。

  f:id:yukisigekuni:20180216221712j:plain

 しかし、快速はまゆりのおもしろいところは、自由席であってもリクライニングシートの車両が充当されて運行されることがあるところです。

 ただし、自由席がリクライニングの車両に当たるかどうかは不確定であるようで、ある意味運次第のところがあるようです。

  f:id:yukisigekuni:20180519190558j:plain

 

釜石線の「オメガループ」

 陸中大橋のあたりの路線図をみると、まるでΩ(オメガ)のような不思議な形状をしており、これは「オメガループ」と呼ばれています。これは難所である仙人峠の高低差を克服するために、このような迂回する形がとられたとされています。

 陸中大橋駅からは、上有住駅方面へと向かってトンネルを通り抜けながら、標高が高くなっていきます。このオメガループは、標高差を隔てて、さっき列車が通った線路や、これから自分が通る線路が見えるという不思議なところです。

    f:id:yukisigekuni:20180519200856j:plain

 このあたりはトンネルが多いので、乗車中に外の様子が見えるところは多くないですが、陸中大橋駅の前後(上の図の緑色の箇所付近)で、列車に乗りながらでも線路の様子が見られるのではないかと思います。

 下の写真は盛岡行きの列車に乗車中、陸中大橋を出発してトンネルを抜けた後に撮ったものです。少し見づらいですが、眼下に見えるのはこの列車が通ってきた釜石線の線路です(上の図の赤色矢印のパターンです。)。

  f:id:yukisigekuni:20180216231210j:plain

 陸中大橋駅を挟んで、こんな高さまで列車が登ってきたということが体感できます。急勾配区間の克服というのは、かつて鉄道にとっては頭の痛い問題でした。ここがいかに難所であったか思い知らされます。

 

終点・釜石駅からは、三陸方面への旅行も。

 f:id:yukisigekuni:20180519205750j:plain

 釜石線の終点・釜石駅は、三陸鉄道南リアス線(釜石~盛)に接続しているので三陸方面の旅行にも快速はまゆりはおすすめです。

 また、現在は不通となっている山田線の釜石~宮古間ですが、この区間は2019年3月には三陸鉄道に移管して開業される予定です。これにより久慈~宮古~釜石~盛が三陸鉄道としてつながるので、今後どうなるのか楽しみです。

 

 

※当記事は、過去の下記記事を再編集したものです。

norihoudai.hatenablog.jp 

シーサイドの絶景路線、大村線に乗って佐世保へ【2018九州オーシャンビュー(4)】

大村線に乗車して佐世保へ向かいます。

  前回は長崎本線の旧線(長与経由)を経て、諫早駅までやってきました。引き続いて、大村線へと入る竹松行きの列車へ乗車します。 

  f:id:yukisigekuni:20180516221023j:plain

 諫早駅を出発すると、間もなくして大村市に入ります。若松駅を出発すると、少しの区間だけ海に面した線路を走ります。防波堤の向こうに、湾の対岸が見えます。さっき通った長崎本線の旧線は、あの辺りでしょうか。

  f:id:yukisigekuni:20180516221007j:plain

  

 海とはしばしお別れして、内陸を走って、大村駅へ到着です。この地にある玖島城跡は、桜や菖蒲の名所としてきれいな花々を楽しむことができるようです。一度見に行ってみたいですね。

  f:id:yukisigekuni:20180516220952j:plain

 列車の終点である竹松駅で、後から来る佐世保行きの列車へと乗り換えます。先ほどの列車と外観は似ていますが、今度の列車は国鉄車両です。竹松駅の近くでは、大村線と並行するようにして九州新幹線(西九州ルート)が建設されつつあります。

  f:id:yukisigekuni:20180516221854j:plain

 

 「シーサイドライナー」に因む車窓の景色を眺めながら列車に揺られて。

  f:id:yukisigekuni:20180517223022j:plain

 松原駅を発車すると、ぐっと海岸線が近づき、大村湾のそばを走っていきます。海の景色が車窓に広がります。この区間を走る快速列車が「シーサイドライナー」と名付けられるだけのことはあります。

  f:id:yukisigekuni:20180516231722j:plain

 千綿駅は、海の目の前に建てられている駅で、ゴールデンウィークのこの日は多くの人でにぎわっていました。ここは、かつて18きっぷのポスターに採用されたこともある駅で、木造の駅舎と目の前に広がる海が楽しめるスポットです。

   f:id:yukisigekuni:20180516224640j:plain

 千綿駅に停車中は、車窓から外を見ると護岸を隔ててすぐに海です。ここまで海に近い駅は数えるほどしかないと思います。

  f:id:yukisigekuni:20180516224920j:plain

  

 続いて、彼杵駅川棚駅へと停車していきますが、このあたりも海の車窓が続きます。少し出っ張った島のようなものが見えてきたりと、飽きもせずに車窓の景色を眺めます。

  f:id:yukisigekuni:20180516221755j:plain

 川棚駅を出発してしばらくして、小さな港に船が係留されている様子が見えました。大村湾はどこを見ても穏やかな海ですね。次の小串郷駅あたりで長らく続いたシーサイドの車窓もいよいよ終わりを迎えます。

  f:id:yukisigekuni:20180516224627j:plain

 

ハウステンボスを過ぎて、早岐駅から佐世保線へと入ります。

 小串郷駅を出発すると、線路はこれまで長く連れ添った大村湾から離れて進み、南風崎駅へと到着しました。これで「はえのさき」と読みます。難読ですね。 

  f:id:yukisigekuni:20180516224619j:plain

 次は駅では川にかかる向こうにひと際大きな建物が立っています。これが、かの有名なハウステンボスです。連休中ということで、駅もにぎわっていました。なお「ハウステンボス」とは、オランダ語で「森の家」という意味なのだとか。   

 f:id:yukisigekuni:20180516224608j:plain

 次の早岐駅は、佐世保線大村線の分岐の駅です。特急列車に乗車すると、この駅で「みどり」と「ハウステンボス」の連結、切り離し作業を行います。大村線早岐駅ハウステンボス駅の間は、特急列車が乗り入れますので1駅区間だけ電化されています。

 f:id:yukisigekuni:20180517212048j:plain

 早岐駅からは、佐世保線へと入り、大塔駅日宇駅を経て終点の佐世保へと至ります。2018年春のダイヤ改正の影響で、早岐佐世保普通列車はかなり本数が減っています。そのため、特例でこの区間は乗車券のみで特急列車の自由席に乗車することができます。

 

ようやく終点の佐世保へ到着。

  f:id:yukisigekuni:20180516224550j:plain

 佐世保は軍港の街としても有名ですね。駅を出てすぐのところにある港に、当たり前のような顔して艦艇が停泊しています。軍港クルーズもあるようなので、本格的に楽しむこともできそうです。
  f:id:yukisigekuni:20180516225952j:plain

  実は佐世保駅は、JR最西端の駅です。最北端の稚内駅などに比べると、端の駅としての推しはそれほどでもない感じです。というのも、2本のレールの上を走る鉄道の最西端は松浦鉄道たびら平戸口駅であり、モノレールも含めるとゆいレール那覇空港駅が最西端となるので、佐世保駅としては複雑な思いがあるのかもしれません。

  f:id:yukisigekuni:20180516230005j:plain

 

次回は熊本からお送りします

 次回は少し場所が移りますが、今回の連載のテーマの「オーシャンビュー」に合わせて、熊本から三角線の乗車をお送りしたいと思います。

(続く)