ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる乗り鉄の旅

日帰りで増富温泉へ。「増富の湯」に行ってきました。

 今回は山梨県北杜市にある増富温泉の日帰り入浴施設「増富の湯」へ行ってきました。

 増富温泉は東京から日帰りも可能なアクセスであり、気軽にラジウム温泉を楽しむことができます。

 

韮崎駅からバスでアクセス

    f:id:yukisigekuni:20180917103536j:plain

 増富温泉へ行くには、JR中央本線韮崎駅からバスが出ています。「あずさ」などの特急列車も一部停車する比較的便利な駅です。

    

 韮崎駅前のロータリーから増富温泉方面のバスが出ており、2番のりばから発車します。

 バスの系統は2つあり、増富温泉峡線(山交タウンコーチ)と茅ヶ岳みずがき田園バス(山梨峡北交通)が走っています。

 いずれも所要時間1時間程度で増富温泉に着きますが、運行ルートや停留所、運賃に若干の差があります。

      f:id:yukisigekuni:20180917095624j:plain

 

山交タウンコーチ

      f:id:yukisigekuni:20180917095645j:plain

 山交タウンコーチ増富温泉峡線は、韮崎駅から終点「増富温泉郷」まで運賃1,230円で乗車できます。ただし、今回訪れる「増富の湯」からは若干離れた停留所にバスが止まります。

 「増富温泉郷」バス停は、土産品店『かもしか』のお店の駐車場にありますので、ここから「増富の湯」までは少し歩きます。*1

     f:id:yukisigekuni:20180917100355j:plain

 

②茅ヶ岳みずがき田園バス 

  茅ヶ岳みずがき田園バスのほうは、「増富の湯」の目の前のバス停に停車してくれます。韮崎駅から「増富の湯」までの運賃は1,340円です。

 こちらのバスは、増富温泉から先のみずがき山荘まで運行しているものが大半で、登山へ行く方もこのバスを利用するようです。

     f:id:yukisigekuni:20180917110105j:plain

 

増富の湯にやってきました!

    f:id:yukisigekuni:20180917100345j:plain

 韮崎駅からバスで1時間ほどで、「増富の湯」に到着しました。外観は瓦葺の木造の風格ある建物で、ちょっとした庭もあります。

 玄関をくぐると、岩石に生命力を高める増富の自然力と書かれています。何だかパワーがもらえそうな雰囲気がただよっております。

    f:id:yukisigekuni:20180917112029j:plain

 

 下足箱に靴をあずけて、受付で入浴料を払っていざ入湯です。館内は結構にぎわっており人気があることがうかがわれます。

 「やませみの湯」と「おこじょの湯」があり、日ごとに男湯と女湯を入れ替えているようです。

    f:id:yukisigekuni:20180917100532j:plain

 

 浴室には、温度が異なる4つの浴槽があります。25℃・30℃・35℃・37℃の温度がありますので、好みの浴槽に浸かるとよいと思います。お湯は茶色に濁っていて、成分がいろいろと入っていそうな濃いめな感じです。

 一般的な温泉と比べれば温度は低めに感じられると思います。しかし、ぬるめのお湯が心地よく、ずっと入っていられるのです。30分くらいはあっという間ではないでしょうか。ついつい長湯してしまいます。

 

       f:id:yukisigekuni:20180917101418j:plain

 畳敷きの休憩室もあるので、温泉から出た後は横になってゆっくり休むことができます。もっとも、競争率が高そうであり、場所を確保するのはなかなか大変かもしれません。

 

増富の湯は食堂もおすすめ

 「増富の湯」には食堂がついています。温泉にゆっくり浸かったあとにランチができるのです。

 今回は、「天ざるそば」を注文いたしました。そばは喉ごしが良くて、なかなか本格的です。天ぷらはすべて山菜で、いかにも身体によさそうです。

    f:id:yukisigekuni:20180917140341j:plain

 

 愛想のよい店員さんが、天ぷらに使われている食材の説明をしてくれました。ギシギシ、赤しそ、モロッコインゲン、ヨモギ、なす、カボチャなど野菜づくしです。

    f:id:yukisigekuni:20180917100416j:plain

 

 かなりヘルシーな食事ではありますが、そこそこボリュームもありました。ほかにも単品料理やデザート、アルコールもありましたので、足りなければいろいろと注文できそうです。  

 今回の「増富の湯」の訪問は、温泉も食事も良くて総じて満足でした。

 

日帰り旅行には「ビューやまなし」も

 増富温泉へ休日の日帰り旅行であれば、韮崎駅にはホリデー快速ビューやまなし」が停車しますので、この列車も利用できます。

 「ビューやまなし」は快速列車ですので、特急料金なしで乗車することができます。なお、常時運行しているわけではないので、運転日はあらかじめチェックしておいたほうがよいと思います。

    f:id:yukisigekuni:20180917101420j:plain

 

 ホリデー快速ビューやまなし」については、下記の記事もご参照ください。
norihoudai.hatenablog.jp 

*1:増富温泉郷のバス停がある『かもしか』では、路線バスの切符を取り扱っています。これを目当てに来る人もいるのだとか。

      f:id:yukisigekuni:20180917101431j:plain