ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる旅の乗車記録

2016年の落ち穂拾い(4)【関東の行き止まり駅めぐり】

年末にこれまで記事にしていなかった過去の記録を、「落ち穂拾い」としてまとめております。今回でようやく2016年までの乗車記録は終了です。

 

(2016.4.3 乗車)

高崎駅から信越線の行き止まりである横川駅を目指します。

f:id:yukisigekuni:20171029204658j:plain

 

しかし、横川駅にとっては行き止まり駅などと呼ばれることは不本意きわまりないことだろう。

かつては信越本線で横川と軽井沢は線路はつながっており、アプト式鉄道など鉄道の歴史においては語るに欠かせないところです。

 

横川駅の線路も、今となってはこのような姿に。長野新幹線が開通し、このように線路が廃止されたこともまた、鉄道の歴史の重要な1ページには違いないです。

f:id:yukisigekuni:20171029164930j:plain

 

 

横川駅のそばには、かつてのラックレールも置かれています。

f:id:yukisigekuni:20171029164927j:plain

 

横川駅の隣の碓氷峠鉄道文化むらでは、かつてのさまざまな車両が保存されており、好きな人にとっては1日中遊べるのではないでしょうか。

f:id:yukisigekuni:20171029164928j:plain

f:id:yukisigekuni:20171029164929j:plain

 

帰りは115系湘南色。なんだかいつ見ても、ほっとするような雰囲気がありますよね(あくまで個人的な感想です)。

f:id:yukisigekuni:20171029164931j:plain

 

 

(2016.9.9乗車)

東北本線の宝積寺駅から分岐している盲腸線である烏山線

終着の烏山駅までやってきました。

f:id:yukisigekuni:20171029164936j:plain

 

この路線は非電化であるが、ちょっと変わった列車が走っています。

通称ACCUMと呼ばれている車両で、蓄電池によって走行する仕組みとなっています。

f:id:yukisigekuni:20171029164933j:plain

終点の烏山駅では架線が設置しており、車両はパンタグラフを通じて充電するようです。

f:id:yukisigekuni:20171029164932j:plain

 なお、烏山線ではキハ40形が運用されていましたが、2017年3月3日に運行終了となってしまい、以後はACCUMに車両が統一されたようです。

 

(2016.11.12 乗車)

拝島から分岐している五日市線に乗車して武蔵五日市にやってきました。

東京とはいえ、このあたりまで来るとローカル感が出てきますね。

f:id:yukisigekuni:20171029203839j:plain

f:id:yukisigekuni:20171029203825j:plain

 

ちょうど紅葉の季節となってきたので、秋川渓谷に行ってきました。

都心からも近くアクセス良好なのでおすすめです。

f:id:yukisigekuni:20171029203810j:plain

 

関東は基本的に日帰りでまわってしまうので、ほかの地方に比べると記録が細切れになりがちなのが悩ましいところですね。なんとか工夫しなければと思っているところです。

(終)