ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる旅の乗車記録

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(7)[3日目後編・石北本線を行く]

6北海道3日目。釧路から釧網本線で網走までやってきた。

石北本線に乗り換えて、遠軽行きの列車に乗車する。

f:id:yukisigekuni:20171112191018j:plain

列車は3両もつないでいるが、中はほとんど乗客もおらず閑散としている。1両もあれば十分余裕なくらいである。

 

網走湖のほとりを抜け、空港のある街の女満別あたりを行く。車窓は北海道らしい、広い空と広い大地。

f:id:yukisigekuni:20171112191050j:plain

 

オホーツク地方の中心都市である北見が近づいてくると、部活帰りだろうか、高校生が続々と乗車してきて電車は賑やかになる。

 

北見駅に13時07分に到着。ここで列車は30分弱ほど停車する。ちょうど駅そばを食べるのにいい具合と思っていたが、駅構内にはそういう店はないようである。

f:id:yukisigekuni:20171112191132j:plain

近くのコンビニで適当に食料を補給して、北見駅を13時33分に出発した。

地元の乗客は留辺蘂、西留辺蘂のあたりまでにほとんど降りてしまい、列車は北上して遠軽へと向かう。

ここからは石北線の難所、急勾配の常紋峠に入る。キハ40のエンジンは苦しそうな音をあげながら、ゆっくりゆっくりと上っていく。

 

遠軽には15時06分に到着。次の列車まで1時間30分ほどあるので、駅の外をぶらぶらする。駅そばも有名なようで、駅舎に隣接してこじんまりした小屋で営業している。残念ながら、この日はそばが終わってしまったようだ。

 

駅からしばらく歩いて、列車から見えた強大な岩のようなものところへ行ってみた。

遠軽を象徴するようなこの岩は、瞰望(がんぼう)岩という奇岩のようであり、下から見上げてもなかなかの迫力がある。今回は時間がなかったが、瞰望岩は頂上に登ることもできるようである。

f:id:yukisigekuni:20171112191217j:plain

 

瞰望岩の隣にある遠軽神社にお参りする。それほど大きい神社ではないものの、本殿はなかなか立派な造りをしているように見え、静謐な空間が神秘的である。

f:id:yukisigekuni:20171112191301j:plain

 

遠軽は、かつては石北本線名寄本線が接続していた交通の要衝となっていた場所である。今では石北本線だけとなってしまい、ここで列車はスイッチバックして進行方向を切り替える。

f:id:yukisigekuni:20171112191326j:plain

遠軽16時35分初の旭川行きの普通列車に乗車する。

遠軽から上川までの区間乗り鉄にとってはかなりの難所である。1日に2本しか特急以外の列車は通っていない(うち1本は特別快速きたみである。)。

 

列車はどんどんと人里を離れていき、秘境といった感じが増してゆく。

丸瀬布を出ると、お隣は白滝であり、1駅を行くのに30分もかかる。白滝という名が付く駅は、ほかにも下白滝、旧白滝、上白滝もあり、秘境駅としてコアなファンがいたようであるが、惜しまれることにいずれも平成28年3月に廃駅となってしまった。f:id:yukisigekuni:20171112202649j:plain

最後の生き残りとなってしまった白滝駅に到着。

 

時刻表を見ると、「白滝1730 上川1831着」と記されている。見間違いではないようだ。ひとつ隣の駅まで1時間を要する。

 

上川に着くまでに3つほど信号所を経由する。列車交換ができるようであり、特急大雪とすれちがった。

f:id:yukisigekuni:20171112191349j:plain

 

車窓は山の中、林の中といったところであり、同じような景色が続くが、列車はいちおう進んでいるらしい。日が沈んで外も暗くなってきた。

 

18時31分に上川に到着。ここでは20分ほど停車する。すっかり夜になってしまった。

 上川駅ではちょうどお祭りをやっていたようで、次々と中学生、高校生が乗って来て仲良く話していた。

f:id:yukisigekuni:20171112191406j:plain

 

上川からさらに1時間強乗車して、終着の旭川に20時04分に到着。

f:id:yukisigekuni:20171112191431j:plain

この日は原野や山林を眺めていた時間が長かったこともあり、久しぶりに都会にやってきたような不思議な気分である。

 

さて、次の日は、日本最北端の稚内を目指して宗谷本線に乗車したいと思います。

 

 

今回の旅の詳細な日程は、下記をご参照ください。

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(1)[スケジュール編] - ローカル列車 乗り放題

鉄道コム 鉄道ブログランキングに参加しています。クリックいただけますと励みになります。