ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる旅の乗車記録

秋を探し求めて(1)[上越線・土合駅を訪問]

今年(2017年)の10月は週末になるたびに台風がやってきたり、いきなり11月下旬並みの寒い日がやってきたりと天候が目まぐるしく変わっている。

暦のうえでは秋のはずだが、秋晴れどころか雨の日が続くばかりである。

今年の秋は、やってくるのだろうか。来ないならば探しに行くしかない。

そういうわけで、ふらっと山のほうへ向かって出かけました。

 

 

高崎から上越線に乗り、北の方角を目指す。

最初の目的地は、土合駅である。すっかり有名となったようであり、一生に一度は行きたい駅と言われるほどになった。

f:id:yukisigekuni:20171105121548j:plain

 

高崎824発の水上行きに乗車し、終点の水上で、続いて長岡行きの列車に乗り換える。

水上からは2駅目、10分程度で土合駅に到着である。

f:id:yukisigekuni:20171105121535j:plain

 

土合駅をすっかり有名にしたのは、地下深くに掘られている下り線ホームである。

地上に出るには、延々と続く462段の階段をのぼる必要があり、さらに24段の階段を含む連絡通路をわたり、合計で10分程度の時間を要する。

誰が呼んだか日本一のモグラ駅との名がついている。

f:id:yukisigekuni:20171105121522j:plain

 

この日は連休ということもあり、かなり多くの観光客が来ているようである。

ざっと30人弱くらいはいるのではなかろうか。

f:id:yukisigekuni:20171105121508j:plain

 

すっかり観光地と化しているようであり、階段の途中にはいま何段目にいるか数字が書いてあり、また100段おきくらいにベンチが設置されているという気配りである。

地上のトイレも、山合いの駅舎とは思えないほどきれいな内装となっている。

 

階段を上りきり、連絡通路についてある窓の外を見ると、澄んだ川の流れと色づいた木々がきれいである。ここまで来た甲斐があった。

f:id:yukisigekuni:20171105121455j:plain

 

地上に出ると、とんがり屋根が特徴的な駅舎と対面できる。

背景の山々も紅葉がはじまっており、ひとあし早く秋がやってきているようだ。

f:id:yukisigekuni:20171105122015j:plain

 

この駅に来るならば、やっぱりこの季節だと思う。

谷川岳に行く人も多いようである。

f:id:yukisigekuni:20171105121944j:plain

 

次の上越線の下り列車が到着する時間となったので、土合駅に別れを告げ、さらに長岡方面に向かうこととします。

 

(続く)