ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる旅の乗車記録

四国ぐるっと一周(5)

前回、阿佐海岸鉄道で終着の甲浦(かんのうら)まではるばるやってきました。

norihoudai.hatenablog.jp

 

折り返しの列車の発車まで8分ほどしかないですが、しばしの間、駅を堪能します。

木造の駅舎はなかなか貫禄がありますね。

f:id:yukisigekuni:20171007150039j:plain

 

このような鄙びた地域ですが、線路は高架になっていて、駅舎から階段をのぼってホームまで行かなければなりません。

 

いかにも建設が中断されたという感じの線路の終わりかた。

おそらく、この先に線路が伸びることはないのでしょうね。

f:id:yukisigekuni:20171007150518j:plain

車両はASA-301。

阿佐海岸鉄道には車両が2つしかないが、そのうちの1つである。廃線となった高千穂鉄道から譲渡を受けたので「たかちほ」の名がついている。

f:id:yukisigekuni:20171007150300j:plain

 

列車は甲浦を9時31分に出発。

乗客は同好者が5名程度に、地元のおばあさんが1名のみ。

おばあさんは、くまモンのマスクに、くまモンのトートバッグといういで立ちであったため強く印象に残っているが、普段列車を使うことなどないそうです。この日は親類との用事があって牟岐まで行くらしい。

 

この日は「お花見列車」ということで、車内にお花が飾られていました。

f:id:yukisigekuni:20171007151626j:plain

トンネルに入ると、手作りあふれる電飾がきらきらと光って、お花見気分を盛り上げてくれる仕様となっています。

f:id:yukisigekuni:20171007151943j:plain

 

10分足らずで海部駅に到着し、牟岐線に乗り換えます。

くまモンのおばあさんが、列車の乗り換えがあることが分からない様子だったので、教えてあげます。1つの路線に駅が3つしかないというのは不意打ちだったのかもしれません。

f:id:yukisigekuni:20171007152206j:plain

 

来たみちをひたすら引き返して、徳島まで戻ります。(乗車中は深い眠りについてしまったため、記憶はほとんどありません。)

 

徳島駅に到着し、高徳線に乗り換えです。今度は1200形に乗車です。

徳島を13時05分に出発です。

f:id:yukisigekuni:20171007152717j:plain

 

高徳線は、その名のとおり高松と徳島を結んでいる路線で、高松まで用事があれば、特急を使うことになるでしょうね。

f:id:yukisigekuni:20171007152928j:plain

普通列車は乗客もまばらで、あえて高松まで通しで乗るのは物好きといったところでしょうか。

 

15時25分に高松に到着です。

うどん県のさぬきうどん駅になっていました。

f:id:yukisigekuni:20171007154033j:plain

 

ようやく最後の列車、15時40分発のマリンライナー、岡山行きに乗車です。

f:id:yukisigekuni:20171007154230j:plain

 

2泊3日でなるべく四国を乗りつぶすという今回の旅でしたが、18きっぷの利用でJR線は土讃線多度津~佃間を残して乗車できました。

もう少し粘ればJRは完乗できそうでしたが、1回で乗りつくすのはもったいないという思いもあり、未乗の区間はまたの機会に土佐くろしお鉄道等と併せて乗車したいと思います。

 

(終)

 

 

(2016.3.20乗車 その2)

 甲 浦  931発

  │ 阿佐海岸鉄道

 海 部  940着/945着

  │ 牟岐線

 徳 島  1209着/1305発

  │ 高徳線

 高 松  1525着/1540発

  │ 予讃線瀬戸大橋線

 岡 山     1632着

鉄道コム 鉄道ブログランキングに参加しています。クリックいただけますと励みになります。