ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる旅の乗車記録

【青春18きっぷのルール】基本的な使い方

青春18きっぷというJRが発売しているきっぷをご存知でしょうか。

ごく簡単にいえば、鈍行列車が乗り放題になるお得なきっぷです。

 

そんな青春18きっぷ(省略して単に「18きっぷ」といいます。)を紹介します。

 

 のんびり列車に揺られて、旅に出かけませんか。

f:id:yukisigekuni:20170911214501j:plain

 
(1)年齢制限はありません

名前くらいは聞いたことあるけど学生しか使えないんでしょう?と思っていませんか。

たしかに、「青春18」という響きは、いかにも年齢制限を指しているようで、学生が節約して旅行するための商品というような印象を受けるかもしれません。

 

しかし、実際のところは、青春18きっぷに年齢制限はありません。

18歳を超えた方も、もちろん使えます。

 

(2)乗り放題です

18きっぷは、JR線の普通列車、快速列車等が5日(5回)まで乗り放題となります。

1人あたり1日に1回分を使用することにより、その日は日付が変わるまで乗り放題となります。*1

JR全線の乗車を目指すのであれば、欠かせない相棒となります。

 

もっとも、新幹線や特急列車には乗れません。

しかし、すべて鈍行列車で乗りついで格安旅行を楽しむというのも楽しいものです。

途中駅までは新幹線や特急列車で行って乗り換え、風光明媚なローカル線の旅を楽しむというのもオツなものです。

 

JR五能線を走る人気列車のリゾートしらかみ。この列車も18きっぷで乗車することができます(指定席券が別途必要となります*2)。 

f:id:yukisigekuni:20170911215839j:plain

 

(3)販売価格は11,850円です

18きっぷは、5回分が1枚になっていて、販売価格は11,850円です。JRのみどりの窓口や自動券売機などで購入できます。

この値段で、5回分が乗り放題なので、単純計算で1回分は2,370円となります。

ただし、1回分ずつばら売りはしていませんので、注意が必要です(ばら売りとして、金券ショップ等で一部使用済みの18きっぷが販売されていることもあります)。

 

(4)実物はこんな感じです

18きっぷは、次のような形をしています。f:id:yukisigekuni:20170911123145j:plain

 

このとおり、18きっぷは細長い形状をしていまして、5回分のスタンプを押すことができます。

1回分のスタンプを押してもらうことで、その日は丸一日、JRの普通列車、快速列車等が乗り放題となります。

5回分は連続した日付である必要はなく、利用期間内であればいつでも大丈夫です。

 

 (5)有人の改札を通ってください

使用するときには、JR駅の改札口の係員の方に日付の入ったスタンプを押してもらいます。自動改札は通ることはできませんので、必ず係員のいる改札口でスタンプを押してもらわなければなりません。*3

途中下車は自由です。下車するときは、駅の改札口にいる係員の方に押印済みの18きっぷを見せるだけです。

 

 (6)複数人でも使えます

また、複数人で使用することができます。2人で乗れば1日に2回分使用し、3人で乗れば1日に3回分使用することとなります。1枚で最大5人まで使えるというわけです。

例えば、2人で1泊2日の旅行に出かけ、2日とも18きっぷを使用すれば、2人×2回=4回分を使用することとなります。

複数人は、同一行程である必要があります。要するに、同じ駅で乗車し、同じ駅で下車しなければなりません。旅は道連れということですね。*4

 

2人で使うと、同じ日付のスタンプが2つ押されます(下の写真は下呂駅から2人で乗車した例)。

f:id:yukisigekuni:20170911123329j:plain

 

(7)年に3回発売されます

18きっぷは、いつでも売っているわけではありません。18きっぷが発売しているのは、年に3回となります。

発売期間と利用期間は、以下のとおりです。

【春】発売期間:2月20日から3月31日まで

   利用期間:3月1日から4月10日まで

【夏】発売期間:7月1日まで8月31日まで

   利用期間:7月20日から9月10日まで

【冬】発売期間:12月1日から12月31日まで

   利用期間:12月10日から1月10日まで 

 

発売期間と利用期間は若干のズレがあります。

若干注意が必要であるとすれば、4月1日から4月10日まで、9月1日から10日まで、1月1日から10日までは18きっぷが使用できますが、この期間に使用する場合には、前もって買っておく必要があります。*5

 

不満があるとすれば、ゴールデンウィークやシルバーウィークには18きっぷが売っていないという点でしょう。

なお、秋の季節には、18きっぷとほぼ同様の内容である「秋の乗り放題パス」により連続3日間が乗り放題となります(利用期間年度により若干変動しますが、10月の上旬から約2週間です。また、複数人での利用ができません。)*6

 

次の休暇は、18きっぷで旅に出てみてはいかがでしょうか。

 

 

*1:東京、大阪の電車特定区間内は日付が変わっても終電までは有効です。

*2:指定席券は520円(閑散期は320円)です。

*3:駅の改札が無人である場合等には、乗車した列車の車掌に記入のうえ、捺印してもらいます。

*4:18きっぷの利用案内によれば、「複数人数の場合は同一行程となり、入出場の際には必ず青春18きっぷ本券が必要です」という点が明記されています。入出場の時のみ集団でいれば良いようにも読めますが、車内検札がなされたときに18きっぷを提示する必要があることを考えると、複数人は同一列車に乗車することが前提となっていると考えられます。

*5:例えば、年始の三が日や成人の日の三連休に18きっぷを使いたいと思った場合に、年明けになってからは発売していないので、前の12月中に買っておく必要があるというわけです。

*6:JR北海道及びJR東日本管内であれば「北海道&東日本パス」のほうが利用期間が若干長く(特に夏季は9月30日まで使用できる)、有効期間も連続7日間あること、JR九州管内であれば「旅名人の九州満喫きっぷ」が通年発売しているという点で有力な代替手段となるでしょう。

鉄道コム 鉄道ブログランキングに参加しています。クリックいただけますと励みになります。