ローカル列車 乗り放題

ローカル列車 乗り放題

全国各地を列車でめぐる旅の乗車記録

2017年の乗車記

ありし日のキハ40形

去年の今ごろは何をしていたのだろうかと思い出してみた話です。 烏山線からキハ40形が引退することが発表され、記念イベントが行われました。 関東で最後まで生き残ったキハ40形であり、このときは烏山線も人でごった返しておりました。 宇都宮駅に入線して…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(13)[6日目後編・函館本線 いよいよ函館へ]

北海道6日目。長万部から函館まで、いよいよラストスパート。 長万部からは、1日目に乗車済みである森までの区間は、特急北斗に乗車する。 前面展望が楽しめる一番先頭の席は、一目見ただけですぐ分かる、いかにもな鉄道ファンでにぎわっている。 せっかく…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(12)[6日目前編・函館本線 小樽から山線へ]

北海道6日目。いよいよ最終日である。 この日は、函館本線で函館まで向かい、最終の北海道新幹線にて東京まで戻るという日程である。 まずは、札幌9時26分発のいしかりライナーにて小樽まで向かう。 銭函駅を過ぎると日本海にぐっと近づいて海岸線の際を走り…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(11)[5日目後編・室蘭本線 鹿との遭遇]

北海道5日目。3日前には、室蘭本線は苫小牧~追分を乗車した後、石勝線の追分~新得(夕張支線を含む)を乗車したので、乗り残した部分を乗ることにする。 特急ライラックを岩見沢駅で下車して、岩見沢15時06分発の室蘭本線・苫小牧行きに乗車する。 列車は…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(10)[5日目前編・根室本線 代行バスに揺られて]

北海道5日目。この日は、旭川から出発する。 まずは富良野線を乗るが、始発列車の朝は早い。 旭川5時39分の富良野行きに乗車する。 時刻が6時をまわった頃、美瑛あたりで急に列車が止まってしまった。自分の携帯も聞いたことないアラームみたいな音が鳴って…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(9)[4日目後編・宗谷岬を訪れる]

北海道4日目。旭川から鈍行列車で6時間、最北の駅である稚内までやってきた。 ここまで来たからには、目指すはもちろん宗谷岬である。 稚内駅からは、宗谷バスにて50分ほどで、宗谷岬まで行くことができる。 (なお、バスは宗谷岬を経由して音威子府まで行く…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(8)[4日目前編・宗谷本線で最北端の地へ]

北海道4日目。いよいよ最北の地、稚内を目指して出発する。 旭川6時03分発の普通列車に乗車する。先頭はキハ54、2両目はキハ40の編成である。 なんと、この列車は稚内まで一気に行く。 車内は、地元の高校生に、イスラム系と思しきの外国の方8名ほどの団体な…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(7)[3日目後編・石北本線を行く]

北海道3日目。釧路から釧網本線で網走までやってきた。 石北本線に乗り換えて、遠軽行きの列車に乗車する。 列車は3両もつないでいるが、中はほとんど乗客もおらず閑散としている。1両もあれば十分余裕なくらいである。 網走湖のほとりを抜け、空港のある街…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(6)[3日目前編・釧網本線を行く]

北海道3日目。この日は、先日宿泊した釧路から出発する。 まずは、列車の出発時間までに釧路駅のまわりを散策。 撮影スポットとして有名な幣舞橋までやっていた。橋のシルエットと四季を表す4体の像が特徴的である。今回は早朝にやってきたが、夕陽のほうが…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(5)[2日目後編・根室本線 最東端の有人駅へ]

北海道2日目。苫小牧から、夕張を経て、帯広までやってきた。 ここからは、根室本線をいちばん端の根室まで一気に向かうこととする。 帯広12時42分発の釧路行きに乗車。 帯広からは、しばらく街が広がっているようで乗客も多く、僕の座っていたボックスにも…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(4)[2日目前編・石勝線 廃止前に夕張支線を]

北海道2日目。この日は、苫小牧から出発である。 まずは、苫小牧6時10分発の室蘭本線・岩見沢行きに乗車する。乗り鉄趣味は、始発列車に合わせることがほとんどなので朝は早い。 途中の追分駅で下車して、ここで石勝線・夕張行きの列車へと乗り換える。1日に…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(3)[1日目後編・室蘭本線 白鳥湾へ]

北海道旅行1日目。 函館本線にて新函館北斗から長万部までやってきて、室蘭本線に乗り換える。 長万部1526発の東室蘭行きに乗車。 長万部から2駅進んだところで、乗り降りのために若干車内が慌ただしくなる。 「日本一の秘境駅」とうたわれている小幌駅に到…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(2)[1日目前編・函館本線 駒ヶ岳に内浦湾]

北海道の乗り鉄の旅1日目。 東京駅から朝一の北海道新幹線に乗車し、終点の新函館北斗駅に降り立った。 開業から1年半ほどしか経っておらず、駅舎は非常にきれいで、北海道の新しい玄関口だけあって立派なものである。 新幹線のホームから在来線ホームへと乗…

ついに念願の北海道乗り鉄の旅へ(1)[スケジュール編]

乗り鉄の旅をはじめて、ずっといつか実現したいと願っていた、北海道をめぐる鉄道旅行。 今年(2017年)の8月、何とか仕事の都合をつけて6日間の連続して休みを取ることができたので、このチャンスに可能な限り乗り尽くすことを計画しました。 自分ルールは…

秋を探し求めて(6)[スイッチバックときどき雨]

青海川駅の訪問を終えて、信越線で直江津に向かう。 天気は良くなる気配はなく、途中駅でも乗客はみな傘を片手に乗ってくる。 直江津駅に到着し、向かい側のホームに停車しているえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの列車に乗り換える。 直江津から妙高高…

秋を探し求めて(5)[信越線・青海川駅を訪問]

長岡から信越線の直江津行きに乗車した。列車は柏崎を過ぎて日本海が見えてきたが、天気はどうやら良くないらしい。雨も降ってきた。 柏崎から2駅。日本海が間近に見える青海川駅で途中下車した。 青い空、青い海を期待してやってきた。 しかし、空模様はこ…

秋を探し求めて(4)[弥彦線、そして海沿いへ]

先日は燕三条に一泊した。 この日はまず、弥彦線に乗って終点である弥彦駅まで向かった。 弥彦線は、越後線との乗り換え駅である吉田駅止まりの列車がほとんどであるようだ。 吉田駅からは、矢作駅、弥彦駅とわずか2駅で終点まで到着した。 弥彦も紅葉の名…

秋を探し求めて(3)[日は沈んだけれど]

只見線に乗車して、会津若松駅までやってきた。 この駅に来たのは、思い返せば3回目となる。 なお、3年前に喜多方、会津若松を訪れたときの記事はこちら。 norihoudai.hatenablog.jp 今回は日付が変わる前までには新潟方面へ戻らなければならないので、乗り…

秋を探し求めて(2)[只見線に乗車]

高崎から上越線で北上し、途中で土合駅を訪問した後、小出駅で下車した。 今回の旅の目的である秋を探して、只見線の乗り換える。 ローカル線の代名詞ともいえる、キハ40系に乗車する。 普段は過疎が激しい只見線であるが、この季節は乗客が多い。本日は満席…

秋を探し求めて(1)[上越線・土合駅を訪問]

今年(2017年)の10月は週末になるたびに台風がやってきたり、いきなり11月下旬並みの寒い日がやってきたりと天候が目まぐるしく変わっている。 暦のうえでは秋のはずだが、秋晴れどころか雨の日が続くばかりである。 今年の秋は、やってくるのだろうか。来…

いざ九州、五つ星の旅(6)

日南線の旅を終え、南宮崎に戻ってきました。 ここからは日豊本線を北上し、今日中に小倉までたどり着くというスケジュールです。 延岡方面に向かう前に、南宮崎1428発の宮崎空港行きに乗車です。 飛行機に乗ることは滅多にないので、こうでもしないとなかな…

いざ九州、五つ星の旅(5)

九州3日目。この日は、前日に宿泊した宮崎駅から出発します。 まずは日南線を乗りに行きましょう。 宮崎648発の油津行きに乗車です。 キハ40形が2両編成でホームにやってきました。 先頭車両は日南色です。 まだ5月だというのに、蒸し暑くてもう夏が来たかの…

いざ九州、五つ星の旅(4)

指宿枕崎線にて枕崎駅まで乗った後、バスで鹿児島中央駅まで戻ってきました。 この日の目的地である宮崎を目指します。 鹿児島中央15時16分発の都城行きに乗車です。 しばらくすると桜島が見えてきました。天気はいまいちぱっとしないですが。 鹿児島中央を…

いざ九州、五つ星の旅(3)

この日は鹿児島中央から出発して、指宿枕崎線にてJRの最南端を目指すこととします。 鹿児島中央駅前にて。さすが薩摩藩、幕末期の留学生たちの像のようです。 鹿児島中央1005発の列車に乗車です。これで終点の枕崎まで通しで行きます。 ゴールデンウィークと…

いざ九州、五つ星の旅(2)

前回の記事で、熊本までやってきて、3時間ほど熊本城や水前寺公園あたりをぶらぶらしました。 この日は鹿児島中央まで、肥薩線経由で行く予定となっており、スケジュールはなかなかタイトです。 熊本を17時10分発に乗り、肥薩線との乗り換え駅である八代ま…

いざ九州、五つ星の旅(1)

乗り鉄の旅もいよいよ九州に上陸です。 JR九州は、「旅名人の九州満喫きっぷ」や「ぐるっと九州きっぷ」など、乗り放題系のきっぷを通年販売しているので、乗り鉄にはやさしいところがあります。 今回は、3日間かけて、小倉を起点として、鹿児島本線と日…

観光列車「花嫁のれん」に乗車しました!

豪華絢爛!七尾線の観光列車「花嫁のれん」 能登半島への移動に便利な七尾線は、石川県の金沢駅から出発して、能登半島の和倉温泉駅までを結ぶ路線です。 今回は七尾線を走る豪華絢爛な観光列車に乗車しました。それが、こちらの列車「花嫁のれん」です。 車…

【金沢・能登】観光列車「花嫁のれん」に乗車しました(きっぷ購入編)

金沢駅と和倉温泉駅をつないでいるJR西日本・七尾線。 能登方面への観光に鉄道で移動する際に便利な路線ですが、この七尾線を走っている豪華絢爛な観光列車「花嫁のれん」の乗車しました。 大変人気のある列車のようで、きっぷをとるのが大変でした。 花嫁…

四国ぐるっと一周(5)

前回、阿佐海岸鉄道で終着の甲浦(かんのうら)まではるばるやってきました。 norihoudai.hatenablog.jp 折り返しの列車の発車まで8分ほどしかないですが、しばしの間、駅を堪能します。 木造の駅舎はなかなか貫禄がありますね。 このような鄙びた地域ですが…

四国ぐるっと一周(4)

四国3日目。 徳島駅から出発して、牟岐線、阿佐海岸鉄道を乗り、四国の端っこを目指します。 徳島駅前のポスト。ここでも阿波踊りしていました。 徳島647発、海部行きの普通列車に乗車します。2時間以上かけて牟岐線の完乗します。 途中の阿南までは、徳島…